不動産査定<机上査定>と<訪問査定>の違いとはいったい?

不動産査定を受ける前に、ここでは<机上査定>と<訪問査定>についての知識を備えておきましょう。

どのような方法で不動産売却を進めるにしても、基本的には机上査定と訪問査定の2つを経ることになります。

それぞれの概要や違いについて解説していきます。

まずは机上査定ですが、机上査定とは、不動産査定をしたい人に査定員が物件状況についてヒアリングをし、その内容を元に、立地や相場情報、路線価、類似物件の取引額などを考慮しながら査定額を出していく方法です。

不動産査定の第一段階で、まずは相場を知るために受ける査定です。

不動産会社によってはメールでも受け付けているためお手軽です。

不動産一括査定サイトを利用する場合も、はじめは机上査定からとなります。

次に訪問査定について解説します。

訪問査定は、その名の通り、物件場所まで査定員が訪問して行う査定のことです。

ヒアリング内容や書類だけの情報で査定する机上査定とは異なり、物件を直接目視して査定をするから、より正確な金額を知ることができます。

まずは情報収集だけ、という場合は机上査定のみ受けることをおすすめします。

訪問査定を受けると、次は売却手続きという流れになりますし、査定員が場所や情報を特定しているため、後には引きさがりにくくなります。

しかし、真剣に売却を進めていきたい場合は、訪問査定を浮けるのがマスト。

机上査定で得られる査定額は、あくまで参考価格だからです。

そのため、実際の売却額とは大きな差が出るケースも少なくありません。

一方、訪問査定であれば、実物を見て査定をしているため、実売価格に近い査定となります。

コメントは受け付けていません。